デリーモで顔の脱毛! 本当にできるの?

顔,脱毛,デリーモ,使ってみた

デリーモで顔の脱毛ができるのか挑戦してみました。
写真は撮ったのですがあまり綺麗な写真ではないので
ココに掲載しようか悩んでいます。

 

まず結論から言うと
デリーモでヒゲの脱毛はできます。
しかし、オススメはしません

 

理由「メーカーが顔でのデリーモの使用を推奨していない」から
他にも理由はありますが詳しくは追々説明していきたいと思います。

 

もし、顔の除毛をしたいと言うのであれば
オススメなのは顔用の除毛クリームがオススメです。
→顔専用除毛クリームNOISU

 

では、早速デリーモで顔の除毛の詳細をご紹介して行きたいと思います。

 

顔にデリーモを塗るときに気をつけて欲しいのは
スプレーで直接顔にかけないこと。
スプレーでデリーモを顔に吹きかけるのは本当に危険です。
目に入ったり、口の中に入ったら
これ、結構大事になってしまいます。

 

ですから、まずはデリーモを手に取ります。
そして、まんべんなく顔の特にヒゲが濃い部分に塗り付けます。

 

薄く塗ると効果があまり現れないので
しっかりと塗ってみました。

 

そして、時間は最大の10分待つことに。
あまり長い時間デリーモをつけていると肌も傷めてしまう恐れがありますから
10分ですね。
待っているあいだ肌はピリピリするかなと思いましたが
あまりしません。
これはやはりデリーモが肌にやさしい成分で作られている証ですね。

 

10分後、デリーモに付属の木べらでヒゲを剃る感じにデリーモを取り除いてみました。
あまり、抜けた感じはしませんでしたが
そのあとにタオルでデリーモを拭き取るときちょっとゴシゴシと力を入れて拭いてみる
どんどん抜けて行きます。

 

意外と綺麗になりました。
これならデリーモでヒゲの処理をしてもいいかも!
と思ってしまいましたがそこはやっぱりオススメしません。

 

チャレンジしたい!
と言う人は自己責任でお願いします。

 

他のワキ、腕、モモやスネの除毛には本当にデリーモはオススメです。
肌にやさしく、本当によく毛が抜けてくれます。

顔の脱毛は推奨されていません

デリーモで顔の除毛はできますが、オススメしないその最大の理由は
メーカーが顔に使うことを推奨していないから。

 

もちろんメーカーが顔に使うのを推奨していない理由はあります。
それは目や口にデリーモが入ると危険だからなんです。
デリーモには子供が誤ってデリーモを使わないように
ハンドルの下にストッパーが付いています。
子供が興味本位でスプレーを顔に向けて射出しないようにしているのです。
つまり、それだ目や口に入ると危険ということなんですね。

 

どれだけ危険があるのか調べてみました。

 

顔の脱毛に除毛クリームを使う危険性

顔,脱毛,デリーモ,使ってみた

除毛クリームを顔に使うと危険。
そのことが実は「公益財団法人 日本中毒情報センター 保健師・薬剤師・看護師向け中毒情報」に載っていました。
除毛クリームが目や口に入ったときに起こる症状と、それに対しての治療法。
それがレポートとして保健師さんや薬剤師さん、看護師さんへ向けて配られていました。

 

どうして危険なの

除毛クリームが危険な理由は除毛クリームに使われている
除毛成分にあります。
基本的に除毛成分として今使われているのがチオグリコール酸カルシウムと言うもの。
チオグリコール酸カルシウムはどう言う性質を持っているかというと
「タンパク質を溶かす性質」を持っているのです。
ヒゲはタンパク質でできていますので、このチオグリコール酸カルシウムがヒゲを溶かしてくれるのです。
だから除毛ができると言う仕組み。
しかし、人の身体はタンパク質でできています。
皮膚もタンパク質、筋肉もタンパク質
つまり、身体も溶かす効果があるのです。

 

皮膚はまだ頑丈にできているのでチオグリコール酸カルシウムで解けるほど夜話ではありませんが
もし、チオグリコール酸カルシウムが体内へ入ったら、皮膚に守られていない部分が直接影響を受けてしまうのです。
そのためいろいろな症状が現れます。

 

 

どう言う症状が起こるの

チオグリコール酸が体内へ入るには2種類あります
目から入るのと口から入る
それぞれ現れる症状が違います
目にチオグリコール酸が入ると起こる症状は
結膜刺激、アレルギー性皮膚炎

 

口から入った場合は
悪心、嘔吐、口腔・咽頭粘膜のびらん、腹部不快感、下痢、
動物実験で、中枢神経抑制、痙攣、麻痺、低血糖
と言う症状が確認されました。

 

応急処置の仕方

基本的にはお医者さんへ駆け込む必要がありますが
家でできる応急処置として

 

目に入った場合

目に入った場合は水圧の低い流水で目を洗う。
つまり、ジャージャーと勢いよく蛇口から出ている水で洗い流すのではなく
それほど強くない流水でチオグリコール酸を洗い流します。
その時に目はこすらないようにして下さい。

 

口に入った場合

牛乳や卵白を飲むようにする(120〜240 mL、小児 15 mL/kg 以下)
チオグリコール酸はタンパク質を分解するわけですから、タンパク質の含んでいる液状のものを与えることで
それに反応させ胃などをチオグリコール酸がら守る訳です。

 

このように除毛クリームを顔に使うと危険が多いのでオススメできません。
もし、ヒゲの除毛をしたいのであれば、顔用に開発された安心できる除毛クリームを使うのがいいでしょう。

顔脱毛にオススメの除毛クリームがあります

顔,脱毛,デリーモ,使ってみた

顔のヒゲを除毛したい。
これは男性でも女性でも思うところ。
男性は毎日の髭剃りが面倒くさい、すぐに生えてくる髭がうざったいと言う気持ちがあるでしょうし
女性は顔に産毛があると化粧ののりが悪くなる。時間が経つと産毛のせいで化粧が浮いて汚らしい顔になる。
と言う悩みがありますよね。

 

脱毛サロンへ行くのも時間もないし、
除毛クリームでヒゲや顔の産毛の処理ができたら本当にうれしい!

 

そんなあなたにオススメの除毛クリームがあります。
チオグリコール酸カルシウムを使っていない除毛クリームがあるんです。
天然素材を使ってムダ毛を処理する。

 

それが「顔専用除毛クリームNOISU」
なんです。

 

除毛成分として
パパイヤから抽出したパパイン酵素
そして、ヒゲが生えにくくなるための
女性ホルモンのエストロゲンと近い成分
植物性エストロゲンを多く含んでいる大豆イソフラボンで
ヒゲや顔の産毛を次第になくしていきます。

 

顔には顔の除毛クリームですね。

 

効果が現れなかったら永年返金保証をしてくれます
それだけ効果に自身があるんです!

 

顔の除毛をしたいのなら天然除毛成分で安心して使える「顔用除毛クリーム NOISU」を試してみてはいかがですか?